[HOME] [スレッド一覧] [最新50件] [全件表示] [投稿数 41/300]

◆日本国はどうして外交に弱いのか? [No.975] - 最終更新日 : 2010/06/26(Sat) 18:06

No.1 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/10(Fri) 11:28 

日本は外交に弱いとよく言われます。わたしもそう思います。
素朴な疑問なのですが、どうして、世界でも有数の経済大国である
わが国日本は外交で力を発揮できていないのでしょうか。
イラクへの自衛隊派遣だって、あんな意味のないことをするのも
建前は「イラク市民の治安維持活動」ですが、
本音は「意味はないけど、国の体裁を守るため」ですよね。
No.2 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/11(Sat) 11:42 
外務省が馬鹿だからだと思います。
No.3 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/12(Sun) 01:18 
>2

同意。
No.4 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/12(Sun) 07:02 
残念ながらその答えは日本は実質上アメリカの支配下にあるからです。
イラク侵攻はロックフェラーの石油利権を獲得する為です。
No.5 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/12(Sun) 10:13 
外交は武力を後ろに隠した戦争だと思うのですが、
日本のエリートはそうは考えていないようです。
他国は外交を戦争と等しく捉えているので、あの手この手で持てる手段をフル稼働して
その国の利益獲得のために畳み込んできますよ。
だから、結局は敗れ続けてしまう・・。


なんで日本のエリートはその大事なことから逃げ続けるのでしょうね。
No.6 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/12(Sun) 14:23 
なんとしても軍備拡張へ話を持っていきたいようですが、そんな事をして潤うのは軍事産業と戦争屋だけ。
年金、医療問題などの方が国民にとっては大切だよ。
No.7 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/12(Sun) 18:19 
誰だって戦争よりも良い医療のほうが良いでしょう。
でも、戦争は災害と同じ。考えたくないことも考えるのが危機管理。
たまに戦争は軍事産業のために誰かが画策するものだと
信じている人がいるけれど、そんなに話は単純ではないでしょう。
やりたくなくてもやらざるを得なくなるのもまた戦争。
そういう意味では災害と同じ。
大地震のときに瓦屋が儲かるのがいけないから、地震のことは考えるな、と言う意見はおかしいのと一緒。
戦争設計は平時に行っておくべきもの。災害の対策を普段準備するのと同じ。

そりゃ軍事産業で潤う人もいるだろうし、それが目的で戦争設計する国もあるだろうけれど、じゃあ戦争設計しないでよいのかというとそんなことはない。
古来、戦争は絶えることがないのだから、それに向けて準備するのは当然だし、
世界中、国と呼ばれるところはすべて戦争設計している。
大半の国は小さすぎてろくな準備もできないのだが。
No.8 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/13(Mon) 01:24 
戦争を震災などの天災と一緒にしないで下さい。
ここでも読んで戦争の根源を考えて。

−軍事利権−
http://www.angelfire.com/journal2/esashi/ir02.htm
No.9 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/13(Mon) 09:44 
宗男が外務省の悪いところを指摘してくれた。
No.10 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/13(Mon) 19:41 
>>8
軍事利権の害も承知している。
けれども、それと戦争を考えることの必要性とはまた別の問題。

それに、戦争設計を描ける人間ほど戦争を嫌うものですよ。
やるならば、敵味方とも最小限の被害でことを済ませようとするのがすぐれた軍人であり、大袈裟に言えば武人。
なにしろ自分の『財産」である軍団を消費してまで、無謀な戦争に突入しようという指揮官はまずいない。あとは指揮官が有能か無能かの問題。
戦争論こそが戦争を救う、という言葉もある。
何も知らない大衆がもっとも好戦的になるのが日本に限らずどこでも常なのですよ。

日本人が戦争を嫌うならば嫌うほどに、戦争を正面から見据える必要があると思います。

No.11 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/13(Mon) 22:55 
>>10
>なにしろ自分の『財産」である軍団を消費してまで、無謀な戦争に突入しようという指揮官はまずいない。
→では、太平洋戦争(大東亜戦争)をどう説明しますか?

>日本人が戦争を嫌うならば嫌うほどに、戦争を正面から見据える必要があると思います。
→これは大切。戦争を仕掛けて誰が多大な利益を上げているのか、その構造を知る事で真の意味で『戦争』が理解出来る。

それと貴方は戦争は軍人にしか被害が出ない様に書いているが、20世紀以降の戦争での最大の死傷者は民間人です。
No.12 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/13(Mon) 23:18 
>>11
→では、太平洋戦争(大東亜戦争)をどう説明しますか?

それこそ、軍事利権の問題だけで片付けられる問題ではないと思いますが。
近代始まってより、欧米の拡張主義は欧米以外の国にとって悲惨であったことを鑑みれば容易に理解できるでしょう。
近代の戦争をすべて『軍事利権のため』に集約させるおつもりですか???
日本にその気があろうとなかろうと、アメリカは日露戦争後から対日戦を準備しています。そしてABCD包囲網で日本への石油輸出を停止します。
最後はハルノート。これは事実上のアメリカの宣戦布告と同じでしょう。
追い込まれれば戦争に踏み切るのはドイツも日本もどんな弱小国家でも同じ。それしか活路がないのですから。
で、本題ですが、その戦争において日本の指揮官はしばしば無能でした。

→これは大切。戦争を仕掛けて誰が多大な利益を上げているのか、その構造を知る事で真の意味で『戦争』が理解出来る。

戦争で利益を得ている人もいれば、被害を受けている人もいる。
でも、戦争は起こり続けます。
なぜなら戦争は国力、地政学上のパワーバランスの乱れたところに発生します。これはもはや人にはなかなかコントロールできません。
経済学で景気をコントロールできる理論がないのと同じで、人間の手で生まれたものであるにも関わらず、人間にはなかなかコントロールできないのです。
であれば、それを見据えて備えておくのが現実的でしょう。

>それと貴方は戦争は軍人にしか被害が出ない様に書いているが、20世紀以降の戦争での最大の死傷者は民間人です。

それは承知していますが、それについて私にどう答えろと・・?
別にそれは否定していません。民間人に被害がでるからこそ、しっかりと危機管理をしなければいけない、と言っています。

繰り返しますが、何も知らない大衆がもっとも好戦的で、軍の背中を押すのです。
日本も米国もドイツも、それは同じです。
大衆がみな軍事のプロになれるはずもないし、なる必要もないですが、
少なくともマスコミや一定の知識人が、あまりに能天気な戦争観を持つことは
一般の『民間人』にとって悲劇です。
戦争に対して、『好戦主義』と『何も見たくない』の両極端を揺れ動きますからね。


No.13 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/14(Tue) 01:11 
>>12
>しっかりと危機管理をしなければいけない

北朝鮮に対してですか???

−テポドン・ミサイルの発射ボタンは、N.Y.のユダヤ老人が押す−
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/tepoyuda.htm
No.14 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/14(Tue) 20:11 
>>13
何を言いたいのか分かりません・・・。

1%可能性があれば、それの対応を考えるのが危機管理だと思いますけど・・。
もちろん北朝鮮に対しても。
No.15 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/14(Tue) 22:55 
>>14
>何を言いたいのか分かりません・・・。
改めて説明する必要はないと思いましたが、、、現在の『戦争の仕組み』の一部です。

貴方が主張し続けている日本の国際外交にとって必要な軍事拡張とはどう云うものなのかその内容と目的を具体的に書いて頂きたい。

繰り返しになりますが、日本は企業倒産、失業者続出の経済問題を抱え、将来の年金制度の解決法も見つかっていません。
本当に日本国民の将来を考えるのであれば、これ以上国民の血税を軍事費に投入することは気狂い沙汰同然。


No.16 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/14(Tue) 23:23 
私は日本にとって必要なのは、戦争設計だと書いています。

戦争設計がまず先にあって、その後軍事拡張するのかどうか、兵器はどう準備するのか、各国との同盟や協調関係をどうするのかが決まります。
敵になる可能性があるのはどこなのか、武力衝突する可能性があるのはどの地域なのか、味方はどこなのか、被害を最小限にするにはどうすべきか。
戦争設計=戦争という手段の可能性を含めた政治=国家戦略です。
戦争設計=軍事拡張、というのは少々的外れかと思います。

でもそれは貴方が悪いというよりも、戦後日本では戦争の2文字を念頭から除外することをもってよし、とする風潮がまかりとって来たせいです。
いわば戦争の2文字が入った時点で、思考停止に陥ってしまうのです。
それでは戦略は語れません。
戦略なき国日本のままでは、再び悲惨な戦争に陥ることでしょう。

企業も倒産します。年金制度も崩壊の危機です。
でも国家の安全保障、危機管理はそれに優先します。
当たり前ですが国家が崩壊したならば、企業も年金も一緒に崩壊します。
なので、当然ですが非常時には冷徹な優先順位が必ずあります。なければいけません。
これを大前提として、今の日本は決して減らしてはいけない予算は、教育と軍事。
この2本は国家の柱です。
No.17 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/15(Wed) 00:02 
>>16
ずっと堂々巡りな回答で残念です。
質問の方法を変えもう一度お尋ねします。

貴方が主張し続けている日本の国際外交にとって必要な戦争設計とはどう云うものなのかその内容と目的を具体的に書いて頂きたい。

>危機管理、、、
だから、、、何に対しての危機管理ですか???

>思考停止に陥ってしまうのです。
私の視点では一次的にしか『戦争』を理解し語っていない貴方の方がよほど盲目的に思え、一種の『恐怖政治』を彷佛させられます。
>>13についての御回答は如何に???

>今の日本は決して減らしてはいけない予算は、教育と軍事。
この2本は国家の柱です。
教育費は大切ですがそれと共に大切なのはその内容でしょう。

軍事大国を目指すのでは無く、国際社会で民主主義国家としての位置付けの方が大切。

No.18 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/15(Wed) 00:28 
>>16
>でも国家の安全保障、危機管理はそれに優先します。
当たり前ですが国家が崩壊したならば、企業も年金も一緒に崩壊します。
なので、当然ですが非常時には冷徹な優先順位が必ずあります。なければいけません。

発想が全く逆。
国家を崩壊させない為に企業倒産、失業者続出を防ぐ事、これまで支払って来た年金を国民に保障する事が最優先。



>これを大前提として、今の日本は決して減らしてはいけない予算は、教育と軍事。
この2本は国家の柱です。

日本は既にアメリカ、ロシアに次いで第三位の軍事費を費やしています。
中国は日本の次で第四位。
http://www.asahi-net.or.jp/~ww8t-oosk/gunjihi.htm
No.19 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/15(Wed) 00:46 
くどいようですが、私は日本に必要なのは戦争設計だと言っています。
戦争設計=戦争という手段を含めた政治=戦略、です。
これが『恐怖政治』につながると言うのならば、アメリカはもとより、したたかな戦略の国イギリス、アメリカと丁々発止の戦略をぶつけあうフランス、
お隣の中国、などなどおよそ国家といわれるものは皆『恐怖政治』になります。
もちろん、恐怖政治とはそのようなものではありません。
回避するにしろ実行するにしろ、戦争を含めた政治を考えることは国家として当たり前のことなのです。

日本の軍事費を増やすか減らすかは、戦争設計に拠るのです。
どういう同盟関係、強調関係、何を危険要素とみなして対策を練るか、
それが分からないのに、軍事費を増やそうと減らそうと意味がありませんよね?
日本は世界第三位の軍事費です。ですが、それが有効に機能するかどうかは
兵器の質(大陸を越えて飛んでくるミサイルに対抗できるのかどうか等)、
軍隊の自立性(情報源を他国に依存するようなものではよろしくない等)、
を戦争設計に鑑みて判断するしかありません。
その判断の指針にすべきものが、今の日本には欠けているのではないか、ということです。
それは戦略であり、戦略は政治の話です。軍人(自衛隊員)が話してよいことではありません。シビリアンコントロールに反します。
政治で戦争設計を行わないならば、軍隊は指針なきままに暴走せざるを得なくなります。
それこそ『恐怖政治』の引き金になります。


年金や企業の話は大事ですが、これも大事な話です。
あっちはいいけど、こっちはいらない、という安直な話ではありません。
No.20 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/15(Wed) 01:17 
度々の御回答有難うございます。
貴方の論理も理解できますが、ただ残念ながら肝心な具体的な事が現実として全然伝わってきません。

1)度々質問していますが、、、『危機管理』、、、何に対しての危機管理ですか?
これについてまず具体的にお答え頂きたい。もしそれが不可能なのであれば具体性、実体性のない『恐怖』を持ち出しての国家政策を国民に虐げる。すなわち『恐怖政治』と定義されてしまっても仕方ないと思いますが。

2)貴方が主張する日本の国際外交にとって必要な戦争設計とは、、、アメリカから独立した軍事活動の事ですか?

No.21 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/15(Wed) 01:27 
>>16
>今の日本は決して減らしてはいけない予算は、教育と軍事。
この2本は国家の柱です。
>>19
>日本の軍事費を増やすか減らすかは、戦争設計に拠るのです。

貴方の主張する戦争設計がまたまた不可解、、、どっちが正解ですか?
No.22 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/15(Wed) 19:56 
>>20
危機管理は、普通に考えて災害、戦争への備え、でしょう・・?
今、軍事的なことで言えば、中国、韓国、ロシアとの領土問題があります。

仮に、中国が主張する東シナ海の境界線を日本の民間船が通過したとき、
近年このあたりを回遊している中国軍船が攻撃したとします。
日本の海上自衛隊は現場に駆けつけたとしても、この中国軍船を攻撃できません。自衛隊のイージス艦なりが攻撃を受けた場合のみ、正当防衛として反撃できます。その場合は民間船との間に盾として割り込むので、至近距離で被弾することになります。おそらくイージス艦といえども沈むでしょう。
では、もし海上自衛隊が『普通の国』のとおり、民間船が攻撃を受けた時点で、中国軍船を攻撃し日本国民を救出したならばどうなるか?
その海上自衛隊の現場の指揮官は殺人罪で逮捕されます。

実際、現場の指揮官は、もしその場合でも逮捕覚悟で日本国民を守る、という覚悟を決めているらしいのです。
海上自衛隊、海上保安庁の現場の人間が不憫で泣けてきますよ。
今まで日本が平和なときも、常に最前線で人知れず危険を犯してきて、今なお報われない。

少し脇道に逸れましたが、もしもの場合を考えていない、これは危機管理を考えていないということですよね?

ちなみにアメリカから独立した軍事活動、というのは本来的には独立した国家ならば当然目指すほどの事象ですよ。
ある国の軍隊が、別の国の軍隊なくして動けないというならば、実質的にその国は支配されているのと同義です。
そのままだといろいろ不都合が出てきます。
日本でいえば、矛と盾の矛の役割をアメリカに依存しているために、先に述べたような事態に能動的に動けなくなっているのです。
法的にも兵器的にも。

日本が戦争を放棄しても、戦争は日本を放棄しないのです。
軍事バランスが崩れれば、途端に戦火に巻き込まれます。
No.23 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/15(Wed) 20:02 
たまにはこちらから質問してもよいですか?
一方的に質問されても少々疲れます・・。
時間も限られています。

あなたは
「戦争とは軍事利権を目論む人間が引き起こすもの」
と、考えているのですか?

もちろん、私はそうは思っていません。
古くからの戦史を振り返れば、戦争の原因をそこに集約できるとは到底思えないのですよ。
戦争の原因は多様ですが、どうやら確実に言えるのはパワーバランスということです。

では、回答をお願いします
No.24 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/18(Sat) 00:19 
ハテ。
20氏からの返事が無いな。
それにしても、>>23は盲目的に「戦争ハンタイ」を叫ぶ人々全てに投げかけたい質問だね。

昔のえらい人が
「平和とは、戦争と戦争の合間のだましあいの期間」
などと言ったそうだ。
まあここまでシニカルに考えることも無いと思うが、
福祉も年金も民主主義も、人間一人には計り知れない大きなナニモノによって偶々保たれている秩序の上に偶々成り立っているもの、
という考え方は時々は自覚するべきだと思う。

内部の秩序が乱れるのを防ぐ装置として警察があり、刑法があるのと同様に、
外部から訪れる脅威から自らを守る装置としての自律した軍事力の確保は必須。
"平和"がある種の強制力でもって維持されている秩序有る状態であるとするならば、
民主主義や自由を叫びながら軍事力を否定するなんて滑稽ですらあるよ。
No.25 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/19(Sun) 01:31 
日本のイラク侵攻についてはこっちを読めば良く判る。
−イラク戦争/アメリカと日本の利権−
http://www9.plala.or.jp/rescue/21.html
No.26 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/19(Sun) 01:42 
戦争がない日は、これまでなかったと言われている。世界の何処かの国で、常に殺し合いが行われている。それが本当の現実。

『戦争』
その大半は、「国、人種、宗教、政治思想、階級によって分裂」という幻影に惑わされて、兵士達が死んで逝く。その死に、意味などない。

政治を操る、指折り数えられるだけの一握りの「人間とは呼べない鬼畜共」のために、何の意味もなく犠牲だけを払って死んで逝く。「人命、人権」のためではなく、ただひたすら「利益と利権、そして実験」の為に。国家予算の増幅と軍需産業を潤すために。

国は、「国家、人種、宗教、政治思想、階級」という「プロパガンダ」を流し続ける。メディアを完全にコントロールしながら。それに、惑わされることなく「人間」であることに、「本当の意味」を持たなければならない。それが出来なければ、永遠に戦争はなくならないだろう。
−戦争と国家・戦士と資質−
http://www9.plala.or.jp/rescue/02.html
No.27 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/19(Sun) 10:31 
あなたは
「戦争とは軍事利権を目論む人間が引き起こすもの」
と、考えているのですか?
No.28 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/19(Sun) 11:29 
>>27
貴方は私がこれまで提出している情報ソースを読んでいますか???
どうして無意味な質問を繰り返しているのですか???
戦争の構造が明確に説明されいるでしょう、、、。
No.29 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/19(Sun) 11:48 
>>22
>仮に、中国が主張する東シナ海の境界線を、、、。
→貴方の論理には肝心な真相が抜けている。どうして東シナ海での領域争いが勃発するのか?それは油田利権にまつわる中国と米資本と石油メジャーの争い+アメリカ軍複産業に日本が巻き込まれてしまうと云う事である。
No.30 投稿者:岐阜市のよしお - 2006/03/19(Sun) 11:55 
>>27

日本人の多くは、あなたが期待しているほど賢くはありません。
例えば、嫌韓廚などは、その冴えたるもので、ゴキブリ以下です。
日本人のレベルを課題評価してはいけませんよ。
No.31 投稿者:岐阜市のよしお - 2006/03/19(Sun) 12:08 
>>27
>>貴方は私がこれまで提出している情報ソースを読んでいますか???

ここに書き込みをおこなうがきどもに、あなたが提出している情報ソースを読みとるだけの知力はありません。
彼らは、嫌韓廚を培養するための捏造記事や現在の政治体制によって完全に洗脳されています。
あなたの情報は、嫌韓廚や馬鹿な右翼に読ませるのはもったいないので、削除してください。
こいつらを真っ先に戦争に行かせて犬死させてやればよいのです。
せっかく洗脳されているのです。それなりに役立ちます。
よけいな知識を嫌韓廚や馬鹿な右翼に与えないでください。
No.32 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/19(Sun) 12:13 
一方的に自分だけが質問を行い、こちらが質問すると答えない。
ひたすら『情報ソース』を張り続けるというのは如何なものかと。


あなたの意見を問うているのですよ。
No.33 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/19(Sun) 12:17 
しかも私は軍事利権の問題を否定していません。

でもしかし、戦争の原因をそこだけに集約して、戦争設計=戦略を考えないのは問題ではないか、と書いています。


ひたすら軍事利権のソース張り続けられても、それが戦争の原因のすべてあることは証明できないと思いますが。
No.34 投稿者:岐阜市のよしお - 2006/03/19(Sun) 12:33 
>>33

>ひたすら軍事利権のソース張り続けられても、それが戦争の原因のすべてあることは証明できないと思いますが。

それでいいんだよ。
戦争は避けられないのだから。また、必要だから、戦場へ行くのをためらっちゃいけませんよ。
志願して、米軍に従事して日本のために働いてくださいね。
No.35 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/19(Sun) 21:07 
なんか妙なのが湧いてきたな。
No.36 投稿者:名無しの権兵衛 - 2006/03/19(Sun) 21:28 
真面目な話になると妙なのが沸いてくるのはこの板の常なので放置しましょう。

ところで当たり前の話として、
戦争を避けるには戦争を知らないとできませんよね?
鼻から頭から戦争の二文字を除外してしまったら、どうやって戦争を回避するのですか??

No.37 投稿者:削除 - 2006/07/23(Sun) 21:31 
管理者に削除されました。
No.38 投稿者:名無しの権兵衛 - 2007/02/19(Mon) 23:26 
日本はアメリカが滅びない限り100%戦争にならない。
No.39 投稿者:名無しの権兵衛 - 2007/02/20(Tue) 18:30 
はっ?
No.40 投稿者:名無しの権兵衛 - 2007/12/22(Sat) 17:03 
アメの支配下だから日本は

戦後はぜーんぶアメの言う通りにさせられたんだよw
馬鹿なジャップがのさばるから、核落として身の程を理解させたんだよw
そんでお前ら低脳モンキーはアメの奴隷国家なんだよっつって、攻撃してこないように平和憲法つけさせてさ。
野蛮なジャップがこれ以上つけあがらないように、支配されてんのさw
ジャップは永遠に、反抗するだろうけどなw
キリスト自体が敗北するその日まで・・・。

日本はまた核を落とされるだろうな そのうち
落とされる要素があるんだよww
No.41 投稿者:名無しの権兵衛 - 2010/06/26(Sat) 18:06 
日本はアメリカの支配下にあるのではありません
正しくは、植民地です

[
HOME] [スレッド一覧] [最新50件] [全件表示] [投稿数 41/300]
お名前  Eメール

パスワード(記事の編集/削除に使用) クッキー情報を保存

■記事管理フォーム 権限: 処理: 記事No:  パスワード:
編集者Pass:
- mychan -